広瀬すず、10代最後の連ドラ主演!「Mother」脚本家の新ドラマで

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア
主演は広瀬すず!

 女優の広瀬すずが、1月スタートの日本テレビ系水曜ドラマ「anone」(仮題)で主演を務めることが明らかになった。ヒットドラマ「Mother」「カルテット」などで知られる坂元裕二によるオリジナル脚本で、“生きる意味”や“人生に本当に大切なもの”は何かを問う。本作が10代最後の主演連続ドラマとなる広瀬は「10代は少女といわれる時期でもあると思います。今の自分だからこそ見える世界、感じられる感覚を大切にしたいな、と思います」と抱負を語っている。

【写真】広瀬すず、幼少期から天使の可愛さ!

 「Mother」(2010)、「Woman」(2013)に続く日本テレビ×坂元オリジナル脚本の3作目として、両ドラマのスタッフが再集結し制作される本ドラマ。演出は、その2作も手掛けた水田伸生だ。物語は、家族を失い社会からもはぐれた少女が、ある老齢の女性と出会うところから始まる。人を信じる心さえなくした二人が、やがて何かを感じ合い、女は少女をかくまう。ニセモノの家族、ニセモノの人生、ニセモノの記憶……そして、ある事件が発生。ニセモノから始まり、真実の人間愛を見つける人生という冒険が描かれる。

[PR]

 広瀬というと、今年は『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や『三度目の殺人』『先生! 、、、好きになってもいいですか?』などの出演作が公開され、映画界での活躍が目立ったが、連ドラ主演抜てきに「今回このドラマのお話を聞いた瞬間に、すごくうれしくて、今楽しみで仕方がないです! 何かぞくぞくするというか、どんな作品になるのか楽しみです」と胸をふくらませる。また、「初めて連ドラの主演をやらせていただいたのが16歳で、日本テレビ(「学校のカイダン」)だったので、そのご縁がすごくうれしくて、今回も大切に演じられたらいいな、と思います」と思い入れも吐露した。

共演の田中裕子

 そんな広瀬について、次屋尚プロデューサーは「これまでにも映画・ドラマで様々な役を演じてきた広瀬さんですが、10代最後の主演ドラマとなる今回は、彼女の持っている魅力のすべて、いやそれ以上、広瀬すずのすべてをこの作品に捧げていただきます」と期待を寄せる。また、「Mother」「Woman」にも出演した女優・田中裕子の出演も明らかに。田中は「『Mother』と『Woman』に続く坂元さんの脚本、水田さんの演出。お二人のエネルギーに『めまい』するような作品になると思います」とコメントしている。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア

おすすめ特集

話題の記事

[PR]
注目記事

みんなが注目している記事をご紹介

  1. 映画ニュース
  2. 2017年
  3. 11月
  4. 14日
  5. 広瀬すず、10代最後の連ドラ主演!「Mother」脚本家の新ドラマで
[PR]